女性関係が派手な上司のもとで

30代主婦です。
数年前、病院の地下にある食堂で、調理補助の仕事をしておりました。
今思えば、仕事を探していた時に常に求人募集に掲載されていたことや、面接にいったときに、現場の責任者の方から「気難しい人がいて、いじめとかがもし…まぁないとは思うんですが、もしもあっても、あまり気にしないでください」と言われたとこなど、やめておいたほうがよい兆候はあったと思っています。
とりあえず至急仕事を探していたので、早朝6時に入って患者さんたちとデイケアの方々の食事作り、12時の昼食づくりに携わりました。
面接のときに言われた通り、食器洗いの場所には一人、ベテランでとてもマイペース、かつ気に入らないことがあったら手が出るのでは、というくらいの剣幕で怒るパートの方がいました。
まずその方とペアで、食器の洗浄をしていかねばならず、大変な気難しさで一週間ほどで耐えられなくなり、もうやめようかと他の社員さんに相談しました。
すると「あの人は誰にでもああだから。あなたにだけじゃないから気にしないで」といわれ、私も「気難しい人との接し方の勉強になるか」などと思い直し、もうしばらく様子を見ようと思いました。
パートさんがカチンとくるタイミングを経験から学んだり、なるだけ合わせるようにてきぱき動けるようになると、当たりのきつさがなくなり、むしろ信頼をおかれるようになりました。
パートさんがたたきつい人というわけではなく、仕事がとてもできるので新人を見ていてやきもきしていたんだと気付きました。
問題がなくなり、働きやすくなったのもつかの間でした。
社員さんで調理担当の方が、ちょくちょくセクハラ発言をするのを、本人の口もしくは周りのパートさんのうわさから、聞くようになりました。
具体的には「職場に、可愛い女の子入ってこないかな」とため息をついたり、聞いていて気分が良いものではありませんでした。
しかし男性で少し抜けているようだし、それくらい言うか、と流していましたが、ある日女子大生のアルバイトの子が「あの人気持ち悪くないですか?」と、更衣室で話しかけてきました。
聞くと、件のセクハラを疑われている上司が、「あの人、会社が休みの日なのに私がバイトを終えるのを入り口で待ってたんです。で、メアドを交換させられて。仕事だし仕方ないかと断れなかったんですが、上半身の裸の写真とかが写メールで送られてきたり…あなたは、なにかされてませんか?」と…。
これで上司の不愉快な感じが決定的になってしまいました。
それからは発言がすべて不審に思えて、会社をやめようかと思い、さらに上の上司に改善を訴えようと思いましたが、「あの人は治らないから」といわれ、会社の社風がそんなかんじなら仕方ない、と、私は結局転職しました。