決断力がない上に、嫌がらせをしてくる上司

決断力のない上司がいて、以前から頼りないなとは思っていました。でも、話は聞いてくれるし、ある程度仕事を任せてくれるので、まあいいかと軽く考えていたのですが…
2か月ほど前に、この上司に呼ばれました。新しいプロジェクトを始めるという内容でした。「(私の直属の)上司は私が説得するから、たたき台を作ってくれ」と言うのです。この新しいプロジェクトは、なかなか良いものでしたので、反対する理由もなく、素直に引き受けました。少し経ってから提案書と言う形で資料を作り、職員の全体会議の時にこれを配り、説明しました。
ところが、この提案してきた上司がどこかソワソワしています。ちょっと不安を感じたので、このプロジェクトは進めて良いのですよね?と確認したところ、びっくりするような返事が返ってきました。それは、私がもっと前に始めていた別のプロジェクトを中止し、その代わりとしてこのプロジェクトをやってほしいという内容でした。
以前からのプロジェクトが失敗しかけていたとか、反対意見が多数あったとか、理由があるならまだ理解できます。しかし、以前からのプロジェクトはうまくいっていましたし、反対意見どころか、賛成意見の方が多数を占めています。なのに、色々理由をつけてこの以前からのプロジェクトをやめてほしいの一点張りなのです。そして、最初に新プロジェクトの話をした時、伝え方が悪かったのか通じていないようだけれど、そういうことだから、と言うのです。
普段は温厚な私も、さすがに頭にきました。実は最初に呼ばれた時、やっぱりこの上司はどこかソワソワしていたので、以前からのプロジェクトを続けたまま、この新プロジェクトに着手して良いのか確認をとっていたのです。はっきりと「続けて良し」と言っていたので、安心して新プロジェクトに着手したのです。それが手のひらを返したように、この言いぐさです。頭にこないほうがおかしいのではないでしょうか。自分の足を自分で引っ張るようなことをさせられていたのですから…
何を話しても、どう抗議しても、以前のプロジェクトはやめてくれと譲りません。そもそも、この以前のプロジェクトは、「私には決めかねるから、もっと上の人に決済してもらって」と言って始まったものなのです。そうやって責任を放棄したくせに、今になってやめろというのは、そもそも筋が通らないではないですか。
会議は平行線のまま終わり、その日はそのまま帰ったのですが、帰ってからも怒りは募るばかりでした。居ても立っても居られなくなり、この上司の、更に上司の家に押しかけてすべて事情を話し、このもっと偉い人に決済してもらうよう頼みました。
次の日、このもっと偉い人は緊急会議を開いてくれ、一通り事情を確認した後、「せっかくやる気があってうまくいっているプロジェクトをつぶすようなことはするな」と一喝してくださいました。大変ありがたかったです。
この件がもし通らなかったら、会社を辞めるつもりでした。何も間違ったことをしていないのに、自分の足を自分で引っ張るようなことをさせられて、うまくいっているプロジェクトを潰される。そんな職場ならいる価値はないと思ったのです。
今回は事なきを得ましたが、次回はどうなることやら…先が思いやられます。